Ubuntuという選択肢

404 Blog Not Found:「Linuxが普及しない」理由U - Ubuntuがなかった経由。

私も以前はRed Hat系のディストリビューションばかり使っていて、Ubuntuをはじめて使ったときは同様に「これでいいじゃん」と思ったのを思い出しました。ほかのディストリビューションと比べると、ドライバは豊富だし、デスクトップ環境も充実してるし、パッケージ管理も楽だしetc…。*1

オレオレで作っていい開発用のサーバがあったら最近はすぐUbuntu使います。



ただ、普及という意味ではLinuxがバンドルされたPCが展開されていない*2以上は、Windowsとは比較できないと思います。

PCを買うときに構成を選択できて、Linuxを選択した場合、標準よりも\20.000以上安く買え、サポートも受けられるとか、UMPCなど低価格PCに初期からLinuxを積んでるとかすれば一般ユーザでもあまり抵抗なくLinuxを使えるんじゃないんでしょうか。

そもそも、すでにWindowsが入っている環境にサポートが受けられなくなるリスクを背負ってまでLinuxをインストールするのにあまりメリットを感じません。*3



でも、あれですね。

ほとんどのPCの用途が、ブラウザがあれば事が足りるようになってきているということは、OSは何でもいい、チャネルも何でもいいっていう時代になってきてるって事ですかね。

ハッカーと画家(ASIN:4274065979)に書かれてたような…。

*1 : 6.10からUpstartを採用したのには少し戸惑ったりしましたけど

*2 : Dellが海外でやってる?

*3 : 仮想マシンは別として