イー・モバイルがHSPA+データ通信サービスの対応端末を発表

イー・モバイル株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表者:代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下イー・モバイル)は、国内の通信事業者として初めて、HSPA+を採用した受信最大21Mbpsデータ通信サービス対応のデータスティック端末「D31HW」の販売を、2009年8月上旬よりイー・モバイル販売チャネルにて開始いたします。 なお、受信最大21Mbpsデータ通信サービスは、東名阪および全国の主要政令指定都市から提供し、2009年12月末までに全国人口カバー率60%以上のエリアで提供する予定です。

国内初、3.5世代最速、HSPA+ 受信最大21Mbpsデータ通信対応データスティック「D31HW」を8月上旬より発売~2009年12月末までに、全国人口カバー率60%以上でサービス提供~|イー・モバイル株式会社|企業情報

お、端末も発表されましたね。

相変わらず、のんびりとモバイル環境を検討中です。

サービス提供前といえど、実効性能も十分出ているみたいで、少し惹かれています。

個人的には、今のところXGPやWiMAXよりも一歩リードかなと思います。